【大人留学経験談】英語が話せないなんて問題ない!お酒とインスタに頼ったら、すぐ外国の友達がたくさんできた

留学
スポンサーリンク

留学にいって驚いたことは、あれ?こんな簡単に友達ってできるんだ!でした。

大人になった今、日本で友達を作ろうとしても、

友達ってどこで出会うの?

今更また自己紹介からか、、

なんて私は思ってしまいますが、外国に行ってみたら、とりあえず挨拶しまくれば、みんな友達!

日本にいるより友達のハードルが半分以下でした。

(日本でも全員友達!みたいな方はたくさんいるんだろうけど、、)

今日は、英語も気取りも必要なかった、私的・留学の友達の作り方経験談をご紹介します。

スポンサーリンク

自己紹介は名前と国籍だけでOK!覚えやすい名前で

留学にいこうと考える方は勇気がある方だと思うので、みんなに積極的に話しかけよう!という気持ちはかなり高ぶっていると思います。

しかしいざ話しかけようとすると、なんかなぜか、英語が思いつかない!(笑)

頭の中で色々準備してはぐるぐるってなります。

 

私も最初の方の自己紹介は、名前に国籍、年齢に日本でなにやってた〜とか、会話を続けるためにたくさん準備していました。

ですが、続きません。

相手も英語勉強中なので、長く話したところで難しい会話は続きません。

そして1日にかなり多くの人数に挨拶するため、気も記憶も続きません。

なので結局翌日には、名前と国籍だけになっていました。

それで全く問題なし!

最初からこれで良かったなあと実感しました。

 

留学に来ている人たちはみんな、英語が勉強したい人です。

国籍は違えどみんな私たちと同じように、外国籍の人との交流を望んでいます。

一人一人と無理に会話を続けようとせず、とりあえず挨拶だけで知り合っておけば、相手も歓迎してくれますし、気づけば相手から自然と話しかけてくれるようになります。

友達!!

 

あと、自己紹介は最初から呼びやすい名前でいったほうがいいと思います。

4文字の名前の人は、最初の2文字くらいで最初から自己紹介したほうがいいです。

相手にとりあえず、名前と国籍を覚えてもらえるように心がけることが一番大切!

 

インスタで繋がりまくる

一気に大人数に自己紹介をして間違いなく困るのは、あれ誰だっけ?です。

そこで相手の国籍と名前を聞いたら、一旦SNSで繋がることを強くお勧めします。

 

海外では日本のLINEの代わりにWhatsAppを使っている国がほとんどです。

使っていないのは韓国と日本くらいじゃないでしょうか。

最初からWhatsAppに登録しておいて、連絡先を交換するのもいいですが、今は世界共通のInstagramがある!

 

顔写真も載ってるし、海外の方はフルネームそのまま載せてる人が多いし、メッセージもできるし、イイネやコメントで軽く絡むきっかけもできる!

完璧なアプリです。

こんなにインスタに感謝する日がくるとは、思いませんでした。

日本にいた時の数倍、チェックしていました。(笑)

 

日本では誰かのストーリーに返信することなんて滅多にありませんでしたが、ここ行きたい!と何気ない反応を送ってみたり、ハートのスタンプを送ってみたり、とりあえずなんでも絡みにいきました。

すると、じゃあ今度ここ一緒に行こう!明日これ話そう!なんてことが本当にたくさんあって、他のWhatsAppやFacebook等のSNS交換も、全てインスタから始まったといっても過言ではありません。

完璧なアプリです。(2回目)

 

とにかく名前を呼んで挨拶してみる

大人になればなるほど、話したことはあるけど友達じゃない距離感の人が多くなりました。

一度機会があって話したけど、積極的に話す仲でもないし話題もないし、とりあえず目があったら会釈な仲。

留学に行ってそれではもったいないですよね。

 

初日に自己紹介をしてインスタを交換したら、次の日は意味もなく名前を呼んで挨拶をすることをおすすめします。

単純なことですが、やっぱり名前を覚えてもらえてるって嬉しいですよね。

探してでも、記憶が新しいうちに挨拶することで、みんなとぐっと距離が縮まりました。

もし自分は覚えられてなくても、間違いなくここで覚えてもらえます!

2回話せば不思議と、次いつ会ってももう気軽に話ができるようになっています。

 

とりあえずなんでも連絡!写真だけでもheyだけでも

普段日本で生活していて、私はあまりマメに連絡を返すほうではありません。

ましてや用もなくだらだら連絡するなんて、、、女子高生か!

と思っていましたが、留学中はとにかくマメに連絡をとっていました。

というより、たくさん連絡がきて、みんなに影響されたという感じでした。

 

昼間会話した何気ないことについて見てこれ!と写真がきたり、お昼これ食べたよ!と謎の報告がきたり、いきなり学校終わりに、hey!と連絡がきたり、、

意味のない連絡がたくさんきたので、こちらからも何かあったらとにかく連絡するようにしました。(笑)

 

もちろん何気ない用事でも、連絡をとっていれば他の予定に繋がりますし、深まれば自然と、今ここにいるからおいでよ!後でここいこうよ!と連絡がくる距離感になっていきました。

適当な返事でもいいから、時間をかけなくてもいいから、とにかくマメに連絡を取ることを意識するのはかなり重要だと思います。

 

お酒は世界共通!お酒にはとことん頼る!

私は一緒にお酒を飲んだことがあるかないかが、友達作りで結構重要だと思っています。

会社の上司でも、ただランチに行くのと、夜飲みに行くのでは仲良くなり方が全然違いますよね。

飲みにいくと、なんだか本音で話せたり珍しい話が聞けたり、一気に距離が縮まる気がします。

 

私はお酒が大好きです。

特にビール!ビールはずっと飲んでいられます。

留学に行って本当によく思ったのは、お酒が好きでよかった!ということです。

 

もちろんお酒が苦手だから友達ができない、と言っているわけではないですが、海外のみんなは驚くほどお酒が好きで、朝も昼も夜もお酒を手に持っていました。

そして飲みの誘いばっかり!

ランチなのに飲みの誘い!

毎日本当によく飲みましたが、そのおかげで一気にかなり友達と深くなりました。

 

あとこれは日本人あるあるなのか、私の性格なのか分かりませんが、お酒を飲むと気が大きくなりますよね。

細かいことは全く気にしなくなります。

授業では文法が気になっちゃって言えなかったことも、お酒片手ならなんでも話してる!(笑)

本気で英語を学んでいる方には怒られる発言かもしれませんが、文法がめちゃくちゃでも単語がわからなくても、とにかくなんでも話してみるしかないと思っているので、そこはお酒がかなり手助けをしてくれると思いますよ。

 

ただ、飲みすぎは注意です。

私は酔っ払ってiPhoneを紛失しました。興味がある方は是非読んでみてください。(笑)

🍻【経験談】留学2週間目で酔っ払って携帯を紛失し、海外でiPhoneを購入した話

 

いかがでしたか?

とっても単純なことばかりで小学生の道徳みたいな内容ですが、いざ留学前になると意外と、

留学 友達の作り方 とか調べちゃったりするんですよね。(笑)

でも始まっちゃえば、そんなこと考えてた自分があほらしくなるほど、すぐ友達ができるので大丈夫です。

恋愛もたくさんしてきたのでよかったら是非❤︎

💒【留学経験談】国際恋愛!海外でトルコ人のボーイフレンドができた甘酸っぱい思い出

楽しんでください!

タイトルとURLをコピーしました