【敏感肌にはガーゼマスク】マスク肌荒れ対策用スキンケアと肌荒れの治し方

コスメ&スキンケア
スポンサーリンク

マスクが手放せない日々が続いていますが、みなさんはどんなマスクを使っていますか。

湿気の多い梅雨の季節、そしてこれから夏本番。

今まで体験したことのない程の長期間のマスク生活で、大きな悩みが出てきました。

それが、マスク肌荒れです。

 

過去の記事にも何回か書きましたが、私は花粉症はもちろん、動物アレルギー、金属アレルギー…と非常に敏感肌。

例のごとく、マスクライフにも非常に悩まされました。

そんな敏感肌の私が最近、試行錯誤を重ね、マスク肌荒れを改善させるところまできたので、今日は同じ悩みを持つ方のために、私の敏感肌用マスクライフをご紹介します。

※個人差があります。あくまで私の試行錯誤記録なので、参考程度にご覧ください。

 

スポンサーリンク

マスク生活1ヶ月半、早くも肌荒れスタート。不織布マスクとは

花粉症による毎年恒例の肌荒れに打ち勝ち、さあ、マスクさようなら!というタイミングで始まったマスク生活第二弾。

花粉の時期からそのまま、マスクライフに突入してしまいました。

 

元々とても敏感肌で、花粉の時期は特に毎年肌荒れに苦しんでいる私が、長期間のマスク生活に勝てるはずもなく・・4月半ばには、早くも肌荒れに苦しむことに。

 

この時は、皆さんが一般的に使っている、不織布マスクを使っていました。

ちなみにですが、不織布はフショクフと読み、繊維や糸などを織らずに、熱的、化学的作用により、接着またはからみ合わせてつくるそうです。

不織布マスクが肌に悪いということは決してないようですが、不織布にも多くの種類があるため、化学繊維を使っていて肌に合わなかったり、硬い生地のもので摩擦が起きてしまったり、乾燥しすぎてしまったり、湿度が高すぎてしまったり・・・

人それぞれ様々なことが原因で、肌荒れを起こしてしまうことがあるようです。

 

マスク肌荒れ⒈ おでこに小さな白ニキビが大量に

顔が異常にテカる!おでこに小さな吹き出物

私が一番最初に苦しんだマスク肌荒れは、意外にもおでこ

おでこに一気に大量の白ニキビができてしまいました。

 

そしてなんだか常に顔が蒸されている感じで、脂でテカテカ。

唯一マスクから出ている、目やおでこも化粧する気にならず、本当に不快でした。

 

マスクによるテカリ対策:スキンケア編

ネットで、マスク肌荒れ スキンケアと何十回も検索しましたが、出てくる記事は、保湿保湿保湿の文字。

私は、キュレルの保湿スキンケアをライン使いしていたため、保湿には力を入れている方だと思いますが、乾燥しすぎて脂が出ている状態だから、保湿が大切ということで、もっとクリームを塗ってみたり・・

しかし、テカテカは増す一方でした。

 

そこで、どうせこんなに肌荒れしているなら!と思い切り、化粧水を保湿系のものからさっぱりめのものにチェンジ、乳液もやめました。

フェイスクリームも今までこってり塗っていましたが、指に2すくい程度を、うすーく伸ばすだけ。

その後に目元と口元にアンブリオリスのこってりクリームを重ねていましたが、それも全てやめました。(今思うと、どう考えても塗りすぎ)

そしてたどり着いたのが、上の画像に貼った、3点セットです。

 

保湿ラバーの私にしては、塗り終わった後のさらさら感が不安でしたが、なんとそこから、おでこに新しい白ニキビができることはなくなりました。

下にまた紹介しますが、おでこと顎部分はスキンケアを変えています。

これはおでこと鼻のスキンケアです。

 

ちなみに、キュレルの皮脂トラブルケア化粧水は保湿ジェルもあり、その組み合わせで使う方が良いらしいです。

私はそこまでは思い切れず、フェイスクリームを使っていますが、もっと暑くなったら保湿ジェルを取り入れてみようと思っています。

 

マスクによるテカリ対策:メイクアップ編

次は化粧品。

マスクだからどうせ見えない!ということで、化粧下地もファンデーションもやめ、始めたのはDr. Jart+のCicapair Re-Coverと、innisfreeのフェイスパウダー。

2点ともとても流行っているので、ご存知の方も多いかと思いますが、テカリに悩む私には優秀すぎるコスメでした。

 

まず、スキンケアの後にティッシュで少しオフして、Dr. Jart+(ドクタージャルト)のCicapair Re-Cover(シカペア リカバークリーム)。

成分・効能等は、まとめられている記事も多いかと思いますので省略しますが、緑色のクリームをうすーく伸ばすと肌色になって、化粧下地の役割を果たしてくれます。

こってりも厚塗りもなく、自然に化粧してる感を出してくれます。

カバー力はあまりないので肌荒れは隠せませんが、マスクだし見えない!肌荒れ隠すとかそんなこと言ってる場合じゃない!ということで思い切って使っています。

SPF40なのもありがたいですね。

 

肌荒れしていない部分に限り、さすがにもう少しカバーしたいところは、ほんの少しだけパウダーファンデを重ねていますが、そこで使うのが画像の真ん中のブラシ。

ふわっとしていて、塗り込んでいる感もなくて、どうしてもファンデーションを使いたい場合は、これ一択です。

 

仕上げは、innisfree(イニスフリー)のフェイスパウダー。

こちらも有名な商品のため詳細は省略しますが、テカリには優秀すぎます。

おでこ周り全体と、鼻につけていますが、一日中全くテカらない

 

スキンケアと化粧品をこの組み合わせにして、昼間のテカリは全くなくなりました。

一気に切り替えたため、何が一番効いていたのかは分かりませんが、二週間後にはおでこの肌荒れも完全になくなりました。

 

マスク肌荒れ⒉ 顎に大きなニキビと無数の白ニキビ

顎がなんだかぶつぶつ。大きいニキビは常に2つずつ

おでこのテカリに苦しんでいたあたりでテレワークになったため、毎日化粧もせず、お肌に優しい時期を過ごしていましたが、出社するようになったらすぐまた肌荒れ

おでこの肌荒れはもうしなくなりましたが、今度はフェイスラインでした。

 

小さな白ニキビがいくつかと、大きな思春期ニキビが2つ。

1つ治りかけたあたりでまた1つ。

気付けば常に、大きいニキビが2つと、治りかけが2つと、ニキビ跡が4つという事態になっていました。

 

肌荒れを治してくれた救世主

肌荒れに悩まされて購入した私の相棒がこちら。

こちらも、3点ともとても有名な商品なので詳細は省略しますが、一番効いたのはメラノCCの美容液です。

冷蔵庫に入れて保管し、化粧水の後に、顎とフェイスラインに塗り込んでいます。

ネットで検索すると、人によって合う合わないが大きく分かれるようで、敏感肌の私は躊躇っていましたが・・・ぴったりでした。

ニキビもニキビ跡も、治るのが格段に早い。

もっと早く出会いたかった代物です。

 

ペアアクネクリームWは、全てのスキンケアが終わった後に、寝る前にチョンチョンとつけています。

大きな赤ニキビや、炎症を起こしているニキビにはとても効きます。

白ニキビや肌荒れ予防には効果が感じられなかったのと、このクリームの後に化粧をするとなんだか非常に見栄えが悪くなるため、夜の寝る前だけです。

炎症を起こしてしまったときの救世主に。

 

そして有名なDr. Jart+のCicapair Cream(ドクタージャルト シカペアクリーム)。

フェイスクリームまで塗ったあと、乾燥を感じたところにだけ薄く塗っています。

こちらのおかげで肌荒れが治ったという感じはしませんが、肌再生クリームということでお肌に優しい(らしい)。

こってりもせず、でも保湿力もしっかりあるので、肌荒れ中の保湿にはぴったりかなと思います。

 

マスク肌荒れ対策:スキンケアまとめ

ということで、私のスキンケアまとめです。

色々と試行錯誤をした結果、マスクによる肌荒れ(おでこのテカリ+フェイスラインのニキビ)には、私はこちらで落ち着きました。

 

おでこ:キュレルの皮脂トラブルケア化粧水⇨メラノCCの美容液⇨キュレルのフェイスクリーム

顎:Dr. Jart+のセラム⇨キュレルの皮脂トラブルケア化粧水⇨メラノCCの美容液⇨キュレルのフェイスクリーム(⇨Dr. Jart+のシカペアクリーム)

炎症したニキビにだけ、ペアアクネクリームW

朝は、シカペアクリームは使わず、シカペアリペアクリームです。

 

Dr. JartとCurelを、シャッフルライン使いしている感じですね。

これまでは顎もおでこも同じスキンケアをしていましたが、部位によって大幅に変えました。

お肌に優しく、さらっとした肌触りのスキンケアだけ。がマスクと付き合うキーワードですね。

 

マスクはガーゼ一択!救世主はなんとアベノマスク

スキンケアを整えても、マスクが合わなければ根本解決にならないと思い、マスクも色々と試しました。

通常より薄い不織布マスクや、女性用のシルク配合マスク、そしてガーゼのマスク。

 

色々とつけてみた結果、一番肌に合っていたのはなんとアベノマスクでした。

ガーゼマスクです。

不織布のマスクに比べて生地が厚いので、この時期は暑いかなと思いましたが(暑いですが)、汗をかいても蒸れない。摩擦で擦れている感じもなく、お肌に優しいのを感じる。

 

身の回りで誰もつけているのを見たことがなく、最初はウケ狙いでつけ始めましたが(笑)、今では毎日つけています。

気温も湿気もどんどん高くなっているこの時期ですが、フェイスラインの肌荒れも全く出来なくなりました。

ちょっと勇気がいるかと思いますが、肌荒れに悩んでいる人は是非試しに使ってみることをおすすめします。

 

アベノマスクでなくても、ガーゼのマスクはたくさんの企業から多く出てきていますので、そちらをつけてみるのもいいと思いますし、ガーゼは暑すぎて不織布がいいという方は、女性用のシルク配合マスクもオススメ。

化粧が落ちない、柔らかいということを売り出しているマスクです。

種類は色々あるかと思いますが、化粧が落ちないということはやはり、使い心地がさらっとしていて蒸れづらく、お肌への優しさを感じました。

 

3ヶ月間のマスク肌荒れとの闘いも、やっと落ち着いてきました。

夏に向けてこれから一層、多くの新しいマスクが発売されると思いますので、みなさんも是非色々と試してみてください。

またいい情報があればご紹介していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました